ニコチンフリーなのに吸いごたえあり

ニコチンによる害がない電子タバコ

いわゆる紙巻タバコには健康を害してしまうリスクがあり、それが禁煙を推奨される理由の一つです。しかし、なかなかやめることができないという人も多いですが、そんな人に打ってつけなアイテムと言えるのが電子タバコです。ニコチンフリーなのが特徴的で、ニコチンによる害がないことをはじめ、タールや一酸化炭素などの有害物質も出ないために紙巻タバコのようなリスクがないとされています。水蒸気が発生することで喫煙感覚を楽しむことはでき、禁煙補助として利用されることも少なくありません。また、紙巻タバコの代わりとして利用されるだけでなく、電子タバコそのものを楽しむ人も増え、豊富にあるリキッドの種類から好きに味を選んで吸うといったことも可能です。

吸いごたえも楽しめる

電子タバコは水蒸気が生じることによって、ある程度の吸いごたえを感じることもできます。製品によっては爆煙が出るために、より一層の吸った感を味わえますし、強めのメンソール系フレーバーなら紙巻タバコのような喉にぐっとくる感覚もあり、本物との近さを求める人でも満足ができるのではないでしょうか。とはいえ、紙巻タバコ同様の喉へのキック感を期待すると、物足りなく感じるかもしれません。ニコチンが入っていない分、ガツンとくる喉への刺激は感じにくいため、強めの吸い心地を求める人は注意しましょう。なお、刺激がもっと欲しいという場合、ニコチンを入れて吸うユーザーもいるようです。国内ではニコチンを買うことはできませんので海外からの輸入となりますが、好みに合わせてフレーバーに添加するといった使い方も注目されているのです。