いろいろなフレーバーが楽しめる

禁煙目的で利用する人にいいフレーバー

紙タバコはタバコの葉を紙で巻いて作られていて、吸うと気分転換などの効果があるものの健康にはそれなりのがいがあるとされます。紙タバコは一度習慣化するとなかなか辞められないようですが、禁煙のためのアイテムとして電子タバコがあるので利用すると良いでしょう。禁煙目的で利用するならフレーバーは紙タバコの味に近いものを選ぶと良いかも知れません。一般的なタイプからメンソールタイプなど紙タバコの味を再現したものが多く出ています。日本で販売されている物にはニコチンが含まれていないので、電子タバコに慣れてくれば徐々にニコチンを欲する気持ちも減ってくるでしょう。フレーバーは多くのメーカーやブランドがあるので、その中から合うものを探すのも楽しみになりそうです。

喫煙経験のない人が選ぶフレーバー

電子タバコはタバコと名が付いているものの厳密にいえばタバコではありません。タバコの葉は使われていませんし、ニコチンなどの有害物質が入っていないものも多いです。ただ楽しみ方や周りの目からは紙のタバコを吸っているように見えるので、禁煙場所などでは利用できないときもあります。これまで喫煙経験がなく健康上タバコも吸いたくない人でも、電子タバコであればガムや飴を楽しむ気分で利用できるでしょう。人気があるのがフルーツやスイーツの味で非常に多くの種類から選べます。甘い香りがしますがガムなどと異なり糖分を摂取するわけではないので太る要素はありません。一種類だけでなくいろいろなフレーバーを用意して、気分に応じて変えるとより楽しめるでしょう。